ページの先頭です


メニューをスキップして記事へ



ここから記事

 2018年11月16日(金) 21:15 JST

野菜炒め

肉類( 牛スライス肉・豚スライス肉・ハム・ベーコン・ウィンナーなど )は口に入れやすい程度の適当な大きさに切る。

人参、ピーマンは短冊切り、玉ねぎは3~5mm幅のスライス、もやしはさっと水洗い。
キャベツは芯の部分を切り取って短冊切り( 芯も食べや! )
葉の部分はざっくりと大きめに切るか、手でちぎってもよい。( 炒めてしまえばわからない。)

以上、ざっと材料書いたけど、別に全部揃える必要は全くない。
あくまでもお好みや冷蔵庫にあるものによって適当に。
極端な話、キャベツだけ炒めて食べてもじゅうぶん美味しいと私は思う。

☆作り方★
肉類( 牛・豚など )をまず炒める。

粗方火が通ったら、火が通りにくい野菜( キャベツの芯、人参→玉ねぎ、ピーマン )を入れる。
お肉代わりにハムやベーコンを使ってる場合はこの時に投入。

野菜に粗方火が通ったら、もやし・キャベツを投入、塩こしょうする。

さっとひと炒めしたら薄口醤油をくるり回し入れ、材料がしんなりすりまで炒めて仕上げる。

この時、もやしとキャベツはすぐ火が通るので手早く!

お好みにより
・塩こしょうだけで味付ける
・仕上げにごま油を少しいれてみる
・キムチを入れて炒める
・オイスターソースを少し加えて炒める
・塩こしょうをせず、食べる直前に焼き肉のタレやポン酢をかける
など、適当にアレンジしてみてちょんまげ。
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

サイドメニューをスキップしてフッタへ


ここからフッタ

ページの先頭へ戻る