ページの先頭です


メニューをスキップして記事へ



ここから記事

 2019年8月18日(日) 22:29 JST

とにかく、食え。(朝食編)

ぬいいとさんが小学校の時のこと。
母いとさんはウチが自営業であることもあり
いそがしい毎日を送っていた。
子ども目線の不確かな印象だが、他の家庭におけるお母さんは
もう少し優雅に過ごしてらしたように思う。

そんないとさんだが忙しいなりにも食生活には
母なりの気遣いをそこここに見せていた。
朝ごはんにおけるいとさんの気遣いは
「 とにかく、食え。」だった。

朝食の内容は実におおざっぱなもの。
ある時はごはんに味噌汁ぶっかけた「 ねこまんま 」
またある時はキャベツと玉子をぶっこんだ
「 インスタントラーメン 」
そしてまたある時はのりの佃煮やもろみ味噌が具材の
「 お茶漬け 」

ひとによっちゃ「 朝からそんなん食うかぁ?! 」ってな
ちょっぴり下世話な朝ごはんだ。( お母ちゃん、失礼! )
利点はちゃっちゃと作れて、ちゃっちゃと食べれる。
栄養学的には、世の偉い栄養評論家さんにかかれば
欠点ギリギリ40点ってところか?
まぁ私にとっては偉い栄養評論家さんの
重箱隅つつき的うんちくはナンセンスなんだけど。

あまり厳しいことを言わないいとさんだったが
朝食抜きで学校へ行くことだけは許さなかった。
遅刻しそうでも
「 とにかくちょっとでもええから食べて行き 」
と促された。

一生を通して「 勉強しなさい 」とは
一言も言わなかったいとさんだったが
姉妹3人とも小学校での成績は
ちょっとは胸がはれるくらいのものだった。
ひとえに、毎朝繰り広げられていた
「 とにかく、食え 」の賜物だと私は思っている。

朝から栄養バランスがとれた体裁の良い食事を
毎日優雅に食べていれば、ちょっとどころか
おおいに胸がはれる成績がとれていたかもしれない。
仮定の話なので真偽の程は定かではないが。
だがあの時の我が家のライフスタイルでは
そんなことは不可能だった。
3人のこども叩き起こして、とりあえず作って食べさせる。
忙しい母いとさんだったが、それをうとましがることなく
当たり前のように何年も続けていた。

朝ごはんはじめ、日々の家事など
延々と継続してやらなければならない事柄
全てにいえることだが、大事なことは
「 他人と比べることなく
  自分の納得いくレベルで続けていくこと。」
だと思う。
モチロンあまりにも偏った知識やポリシーは
改める必要はあるけど。

「 欠点ギリギリ40点の朝食を毎日食べる 」
この方針は今、母いとさんから
ぬいいとさんはじめ、娘3人に受け継がれている。
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • とにかく、食え。(朝食編)
  • 投稿者:オバまま on 2010年7月22日(木) 00:52 JST

我が家の朝ごはんも小、中、高、通じて

「卵かけごはん」もしくは「とろろ昆布とちりめんじゃこのお茶漬け」が9割でした。

専業主婦の母でもそうだったのだからお仕事をおもちのお母様方はたいへんだったのでは・・・

12年間通じて朝食を食べなかったのは1日だけ。

成績には反映されなかったけど、遅刻だけはなかったなぁ・・・あ、関係ないか?

  • とにかく、食え。(朝食編)
  • 投稿者:なる on 2010年7月23日(金) 13:34 JST

「とにかく、食え」 これってありがたいことですよね。最近は、本当は食べたいけど、お腹をすかせたまま登校してくる子が増えていると聞きます。お母さんがちゃんと食べさせないらしいのですが・・・とある学校では、給食の残りの牛乳を冷蔵庫に入れておいて、それを飲ませたり、保健の先生が用意してるパンやお菓子を食べさせたりしてるとこもあるようですよ。学校に来るなり「しんどい」って保健室に来て、話を聞いたら、「お腹がすいたぁ。お母さん寝てたから~何も食べてないねん。」と答える子がいるんですって。ほんと悲しいことやわぁ。私も子どものころを振り返ると、母はなんやかんやエグイ面もありましたが、食に関してはきちんとしてくれてたな~と。朝食にご飯とお味噌汁がなかった記憶がないんです。あらためて感謝しないとあかんなぁ~

  • ありがとう
  • 投稿者:ぬいいとさん on 2010年7月24日(土) 03:14 JST

オバままさん、なるさん、ありがとう。
おふたりのような方が今のお母さん世代に
ひとりでも多く立ち上がってほしいなと願って
立ち上げたのがこの別室「 とにかく、食え。」なんです。
おふたりに反応していただけてうれしい限りです。>オバままさん
我が家の場合は私が中学に入ってから
いろんな事情で母がうるさくいわなくなり
私は専ら「 ミルクタイム 」へ。
そういやオバままさんとはミルクタイム仲間やったけど
アレは朝食たべてなおかつ、だったのねぇ~!(笑)
>なるさん
もぉ~、私の言わんとしていることを
見事に綴ってくださりありがとう!!
差し支えなければ、このままコピペして
あらためて日記としてアップしていいですか?
私はね、大阪府の子どもの学力低下の原因は、なるさんがお話してくださったことに
すべて集約されていると思うんです。
景気悪い→父親の収入減→母の就労→母疲れる→家事がおろそか→子どもがごはん食べられない
確かに作らない母が悪いんだけど、今のお母さん方のしんどさも
わからないではない。
だから、むずかしいこと考えずに、まずは
「 とにかく、食お♪ 」
と言いたかったんです。

  • ありがとう
  • 投稿者:なる on 2010年8月 4日(水) 11:38 JST

しばらくお邪魔してなくて~お返事遅くなりました。私の話なんぞ、どうぞどうぞお使いください。ほんと恐縮です!!ところで先日、幼児二人が育児放棄の果てに亡くなったという悲惨な事件がありましたよね。警察の調べによると台所には、包丁もまな板もお鍋も調理器具は何もなかったと知って本当にびっくりしました。確かにあのゴミ屋敷状態では、まともな生活をしてたとは思わないけど、あのマンションに入居した時から、ご飯を作って食べさせたことがなかったんやと思うと、本当にやりきれないです。この事件に関しては、新しい情報を耳にするたびに、辛くて辛くて。二人の幼子のご冥福を祈ります。

  • こちらこそ、ありがとう^^
  • 投稿者:ぬいいとさん on 2010年8月 5日(木) 09:27 JST

お返事なければ直メールでお伺いを、と思っていたのに
私の方もうっかり忘れていました。^^;ゴメン

のちほどちょっとまとめてみたいと思います。

幼児放置の件・・・私もその昔、住んでいたマンション内で同じような光景を目の当たりにしたことがあります。
幼児ふたりをほったらかして深夜帰宅のシングルマザー。
部屋は足の踏み場もないほどの散らかり様
なのに台所の一角だけは異様にきれいで使われた形跡がない・・・
まだこの家庭は救われる状況がいくつかあったのでその後大事には至りませんでしたが。

この事件のおかあさん、許されない行為なんだけど、彼女をここまでさせたものは何なのかなぁ
なんて彼女のルーツをたどってみたい気もします。

サイドメニューをスキップしてフッタへ


ここからフッタ

ページの先頭へ戻る