ページの先頭です


メニューをスキップして記事へ



ここから記事

 2019年8月18日(日) 22:30 JST

栄養チェックは大ざっぱに

もう数週間前のこと。
とあるミーティングで姫が興味深いこと話していた。

「 毎日毎日栄養バランスがしっかりとれたもの食べてたら
  かえってカラダによくない。」
その後の彼女のブログでのお話などから総評すると
人間には本来、足りなくなった栄養素は
自ずから欲する能力がある。
毎日30品目だとかいって常にカラダが
満たされた状態になってしまうと、その能力が衰えていく
といったようなものだ。

ずっと偏った食事はもってのほかだが
毎日の中でバランスをみなくとも、数日単位で仕切ってみて
その中である程度バランスがとれていればそれでえぇねん
あとは足らないものはカラダが自ら欲しがる
といった感じだ。

梅雨が明けて猛暑がやってきたちょうどその頃
毎日なすが食べたくてしょうがなかった私
激しく同意してしまった。
………………………………………………
彼女も私も食生活に関してはナチュラルなことと
ひとそれぞれ体質、嗜好、考え方など千差万別なので
一概には「 こう 」とはいえない。
彼女のお話をどう受け止めるかは皆さんにお任せするとして
私は人間がフツウに生活していく上での一般的能力として
栄養学的にパーフェクトな食事を毎日毎食とるということは
不可能ではないけどかなりむずかしいことだと思っている。

栄養バランス満点の食事を考えるのがとにかく大好きだとか
食事療法がどうしても必要な家族がいて
食事管理をやらざるをえない状態に迫られている場合だとか
スポーツ選手のごとく専属の栄養士さんを常駐させてるとか
特別なケースでない限り、毎日綿密に献立たてるのは
むずかしいことだと思う。
まがりなりにも( 曲がりすぎてるけど?(笑) )
栄養士、調理師免許をもってて五年間四百人の食事作ってた
ぬいいとさんでさえ、はっきりいってめんどくさい(笑)(笑)
( ↑↑↑↑↑ 免許が泣いてる。)

とりわけ、なにかといろんなことに忙しい年代
おまんまのことばかり考えてられるわけじゃない。
仕事もせな!掃除洗濯もせな!子どもの面倒みな!介護せな!
生活費も、食事つくる時間もかぎられてるぞ!
そんな中での食生活。

「 作るのが精一杯 」
な方はまだ健全な方だろう。

「 よう考えたら今日1日野菜たべてない!」
そんなときはキャベツが山ほど入ったお好み焼きを
次の日に食べたらいいんじゃないかな?

経済的に余裕があるなら外食やお惣菜に要領よくヘルプ!
付け合わせのサラダはスーパーで調達だ。

海草類がついついおろそかになるぬいいとさんは
「 乾燥わかめ 」常駐、気にとまったら味噌汁にブッ込む。

なに?食うにも困るくらい金がない?
米、ないか?とにかくごはんだけでも!
「 おにぎりにのり 」は案外子どもたちには人気メニューだ。
炭水化物だけやけど、にぎりながら愛情が込められるぞ!
( 栄養学とは関係ないってか?w )
給料日までなんとかそれでしのごう。

「 とにかく、食べな( 食べなければ )」
栄養バランスは
「 なんでもまんべんなく食べる 」
という気持ちだけ忘れなければなんとかなる。
欠点ギリギリ40点かもしれないけど
大丈夫、死にゃ〜せんよ。^皿^
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

サイドメニューをスキップしてフッタへ


ここからフッタ

ページの先頭へ戻る